葬儀にまつわるしきたりやマナー

葬儀社の選び方

良い葬儀を行うためには、当然ながら良いいい葬儀社を選ぶことが必要です。
しかし葬儀社といってもかなりの数に上りますので、選ぶのも簡単ではありません。
ではよくいわれる良い葬儀社とはどのような葬儀社なのでしょうか。
さまざまなポイントがありますが、良い葬儀社とは、明朗な価格、丁寧な応対、わかりやすい説明、希望にあった提案をしてくれるのが特徴です。
事前相談や見積りに応じてくれない葬儀社であるなら、あまり信頼できないといえるかもしれません。
さらに葬儀社を見極める上で重要になるのが葬儀社の担当者の対応でしょう。
親身になって動き回り、気配りをしてくれるかで葬儀がスムーズに運ぶかどうかがかかってきます。
病院からの搬送、葬儀内容の打ち合わせ、葬儀の当日担当がすべて変わるという葬儀社もありますが、場合によっては行き違いや連絡ミスなどがあるので注意しましょう。
葬儀社の方と実際に会って見積を取ってみると上記の点をチェックすることができます。
また葬儀を考えているのであれば、葬儀を執り行う場所についても事前に考えておかねばなりません。
それぞれの場所によって長所と短所というものがありますので、それらを比べて判断する必要があります。
執り行う場所としてまずは自宅があります。
費用の負担が少なかったり、参列者が参加しやすいのがメリットですが、祭壇用、お清め用、ご住職様の控え用等を用意しなければならないので、広い家でないと難しいかもしれません。
斎場利用料の負担が少なく、多くの方に利用されているのが公営斎場です。
火葬場併設の斎場ですと移動の手間や負担もないので、この点でも便利になっています。
しかし人気があるので数日待たなければいけなかったり、交通の便がよくない場所もあるので、それらは事前にチェックしておきましょう。
民間貸斎場などは空いている為日程の融通がきくことに加えて、スタッフなどがしっかり執り行ってくれるので、一番手間は少ないといえるでしょう。
しかし葬儀代が高くなってしまいますので、コストに関してあらかじめ見積りを聞いておくようにしましょう。
寺院斎場は斎場の少ない地域にも対応してくれる場所ですが、宗教や宗派が限定される事があったり、読経が必要になったりするので万人向けではないでしょう。
これらの葬儀の準備は、対象の方がなくなった時点で準備を開始すると、かなり忙しくなってしまいますので、事前にある程度目星をつけていくようにしたいものです。

もっと葬儀を知ろう!

  • お悔やみの気持ちを弔電で伝えるならFor-Denpo。

Copyright (C)2017葬儀にまつわるしきたりやマナー.All rights reserved.